お花がちって実がうれて

happyokan.exblog.jp
ブログトップ

ホップの収穫

我が家の庭には8年もののホップの苗がある。
いつだったか富良野の夏を楽しもうとラベンダーで有名な富田ファームへ行ったときのこと、ログハウスのテラスを囲むように茂っていたホップのツルが涼しげで記憶の片隅にあった。

最近は北海道でも30度を超える日が珍しくなくてほとんどの家にエアコンが付いている。できることなら窓を開け、白いレースを揺らす爽やかな風が入ってくる・・これが理想。
そして思い立ったのがグリーンカーテンにホップを使おう!だった。
ホップの生命力は凄まじく二階のベランダまで届いても成長は止まらず、洗濯物の干竿まで占領される。
そして9月になるとたわわに実ったホップが収穫されるのだがツルのままならリースを作るし、写真のようにバラしたものはポプリにする。
友人にあげると
「わ〜、ビールの香りがする。」と言っていた。なるほど、ビールの香りだね。

最近は少々、もてあまし気味で捨てる量も増えてきた。グリーンカーテンになってくれるだけで十分、恵みである。
あと一つ、バードフィーダーにやってくる小鳥たちの隠れ家になったり、止まり木になったり。家の中からたくさん楽しませてくれてありがとう。

ところがところが今年、びっくり。一晩で信じられないほどたくさんの毛虫が葉を食べている。
音が聞こえるほどだった。北海道は養蚕業は行われないが、お蚕さんってこんな感じなのかな?
残念だったけれど今年は早めに切り倒した。株が弱ってきたのかなぁ。湿度のせいかなぁ?
来年に期待!ということで写真は去年のホップ!

f0371906_18190275.jpeg

[PR]
by peace-in-god | 2016-09-04 19:52 | 庭から