お花がちって実がうれて

happyokan.exblog.jp
ブログトップ

早朝登山 ニセコ イワオヌプリ

早朝、3時半に家を出発。
以前はこれが当たり前で夜明けとともに夫の写真撮影が始まっていた。ここ数年、ウェンディの体調も悪く、遠出をするにも気がかりだった。ウェンディがいなくなったからといって「さぁ、ではゆっくり」とは勿論ならない。

そして追い打ちをかけたのが私の座骨神経痛。原因は股関節形成不全。
元々、運動大好きで体育教師を目指したこともある。バレーボールは30代後半まで続けていた。昨年の春、4月1日雪解けを待ってジョギング開始。右脚の付け根に痛みを感じたが若い頃から無理をすると同じような痛みがあったのでそのうち治るだろうとタカを括っていた。ところがどっこい!日に日に痛みが激しくなり、しまいには歩くことすらままならない。
いつものように整骨院へ行って治療を受けたが、眠っていても痛みで目が覚める。
病院で検査、診断を受け、ついた病名が股関節形成不全。元々、あったところに(女性は多いとのこと)筋力の衰えなどで軟骨がすり減った状態が重なり神経細胞も傷ついたらしい。
体力には自信があったのでかなりショックだった。が、諦めなかった。特にウェンディがいなくなってからは、時間をかけても歩くこと、自転車に乗ることを続け、今年は登山の再開までこぎつけた。

前置きがなくなったがその頃を思い起こすと今日のように早朝登山に出かけられるなんて夢のようだ。夫との登山は何年ぶりだろう。
今日は日の出前にニセコのイワオヌプリに登り、雲海を撮影できたらいいねってことで出発したのだが、尻別川(清流日本一になったこともある)が流れる途中の街、喜茂別町で素晴らしい景色、朝焼けに出会い、ニセコの日の出には間に合いそうもない。
特に蝦夷富士の愛称のある羊蹄山と川霧のコラボは声を失う。
f0371906_22443677.jpg
夫の写真その1
f0371906_22412169.jpeg
私はいつも夫の被写体と夫を写す(笑)
f0371906_22414721.jpg
羊蹄山の麓から川霧が流れる
f0371906_22445069.jpg
イワオヌプリ頂上付近で夫が写す私
f0371906_22521991.jpg
夫の写真その2
f0371906_22515896.jpg
夫の写真その3

6時半にはゆっくりと登り始めた。途中、休憩をとったり、写真撮影をしたりしながら時間をかけて登頂。
頂上には二人だけ。目の前に浮かぶ雲・・何も邪魔するものがない。久しぶりの撮影日和に夫の笑顔が私も嬉しかった。






[PR]
by peace-in-god | 2016-09-12 23:35 | おでかけから