お花がちって実がうれて

happyokan.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

今夜はティラミス

バイト先のカフェで出しているドルチェを作るところから見ていると嫌っていうほど食べたくなります。
そして家族に食べさせたくなります。そこで今夜はティラミスにチャレンジです。
f0371906_23103870.jpg
辻クッキングスクールのレシピで作るとこんなにたくさんできてしまいました。037.gifどうしましょう。
大きさがわかるようにティースプーンを置いてみましたが・・・。
明日の朝から保存のきく4日間はティラミス三昧。
洋菓子の大好きな夫なのでニコニコしながら見ています。

このレシピは結構、丁寧でスポンジ生地から、しっかり作ります。パータ・ボンブやメレンゲなど工程が凄い(笑)
2時間もかかってしまいました。

娘たちが小さい頃は忙しくて何にもしてあげられませんでした。作れるようになるともうみんな、家を離れています。
皮肉なものですね。

f0371906_23102380.jpg
さて明日は土曜日。バイトの時間も朝8時から。寝なくちゃ・・おやすみなさい。

[PR]
by peace-in-god | 2016-09-30 23:29 | キッチンから

朝からシフォン

昨日、焼き上げたシフォンケーキ
完全に冷めるよう一晩待ちました。
そして・・・ジャーン!成功です。底上げもありません。
ホイップクリームを添えて朝からシフォンケーキ試食会です。
ケーキ類が大好きな夫も大満足。自画自賛で言わせていただけるとこんなキメの細かいシフォンを食べたことはありません。(笑)
これはひとえにレシピ本を書いてくださった辻クッキングスクールの先生のおかげです。

f0371906_21281181.jpg
f0371906_21283405.jpg
そしてバイト先ではクリニックのアイドル看板犬ルシルと朝の挨拶です。
おかげで少しずつペットロスから抜け出せそうです。
f0371906_21285364.jpg
今日はバイトと本業の掛け持ちでした。少々疲れましたので洗い物を終えたら寝ることにいたします。おやすみなさい。



[PR]
by peace-in-god | 2016-09-29 22:52 | キッチンから

日ハム優勝、シフォンケーキ持ち越し

掛け持ちバイトを始めて3週間過ぎました。ほぼ水曜から土曜日まで、それも10時から2時くらいまでという願ってもない時間設定です。元々は朝の8時から午前中という話だったのですが、もう一人のバイトさんが急遽、来られなくなって結局、ランチタイムの最も忙しい時間帯になった次第です。
暇にして店の中でボヤーッとしているのは性に合わないので忙しい方が気が楽です。
この辺のことはいつか、お話しできればいいなと思ってます。

で、本題。
朝のうちにホームベーカリーで20分、生地を仕込んだらボールに入れてラップ(私はヘヤーキャップを使ってますが)して冷蔵庫に。仕事から戻って冷蔵庫から取り出すとゆっくり見事に一次発酵を済ませています。
パンチを入れてあとはオーブンのスチーム機能を利用した2次発酵・・・と普通通りに事は進みます。
出かけない時は一次発酵からオーブンを利用しますけど。
そうして焼きあがったのが写真の山型食パン。スケールで3等分に分けたはずなのですが、見事に山の文字。
思わず、正面から写真を撮りました。(笑)
f0371906_22135524.jpg

パンを焼いている間にシフォンケーキの準備です。
前からチャレンジしてみたかったシフォンケーキです。今日、型がamazonさんから届いたので早速作り始めました。
そうこうしているうちに主人も帰ってきてお昼用に作っておいたカレーを夕食にも食べてもらうことに。
パン作り、お菓子作りに夢中になって夕食の手抜きをしても理解してくれるので大助かりです。実際、喜んで食べるのは彼ですから・・・ハハハ。

焼きあがったのはいいのですが、シフォンケーキはしっかりと冷めるまで型から出してはいけないんですって!ホイップクリームまで用意していたのに。ホワホワのシフォンが潰れないようにワインの瓶に立てているうちに日ハムの優勝が決まりました。
おめでとう〜〜〜〜!
ということでシフォンケーキは明日まで持ち越しです。
明日の朝、美味しいシフォンケーキが食べられるよう願っておやすみなさい。
f0371906_22134280.jpg

[PR]
by peace-in-god | 2016-09-28 23:53 | キッチンから

のんびり冬支度

去年の春に焼き上げたテラコッタたち。
4月下旬になると庭仕事が始まります。部屋の中でなんとか冬を越した花たちもまた外の陽を浴びます。地植えのものたちもありますから次々と咲く花たちを思い描きながらする作業。それはワクワク楽しいのです。

これは去年
f0371906_22485931.jpg
去年のクリスマスはゴールドクレストをツリーに見立てて
イルミネーションで飾りました。
f0371906_17185493.jpeg
ガーデニングは大好きです。でも年々、億劫になることがあります。北海道では全てが庭で冬越しできるわけではありません。そのため、姿を整えて、または株分けをした状態で家の中に取り込んであげなければならないのです。
外に置いていた植木鉢は汚れて虫もついています。
一つ一つ綺麗にして弱ったところは切り戻してあげます。そんなこんなが段々、億劫になってきました。
でも命あるもの・・・少しでも大切に生かしてあげたいですよね。
今日は初めて何鉢か、ハイドロカルチャー作りにしてみました。その中の一つがこれです。
バイト先に来たたくさんのお祝いの花の中から「もう増やさない」と言いつつ、いただいてきたバンブーをアレンジしてみました。
オリヅルランも何十年も我が家にあるものから小分けされて今に至ります。奥にあるドラセナ・コンシンネも花束に入っていたものを増やしてしまい今に至ります。(笑)これもハイドロにするつもりです・・・というわけでしんどいと言いながらやめられない花いじりでした。では、明日こそ日本ハム・ファイターズ優勝が決まることを願っておやすみなさい。
f0371906_23090062.jpg





[PR]
by peace-in-god | 2016-09-27 23:22 | 庭から

山ブドウも秋色

朝もゆっくり起きました。
昨日は末娘と孫娘と3人で教会の礼拝へ出席しました。
郊外ということもあり、この辺りの子は公共の乗り物に乗る経験が少ないのです。
ちょうど車は主人が仕事で乗って行ってしまったので、バス、地下鉄を乗り継いで小一時間かけて出かけました。
孫はとっても嬉しそうです。
東京から帰省していた娘は午後4時過ぎの飛行機なので礼拝後、札幌駅付近で食事をしたり、買い物をしたりすることにしました。孫がご機嫌、嬉しくてたまらないのです。
男の子に挟まれた真ん中の女の子。まして憧れのおばちゃん(娘のこと)と一緒です。

娘とは札幌駅でハグして別れました。小さい時から外国人と接する機会が多かったこと、高校、大学と留学する経験に恵まれたことなど、娘たち(長女を除き)は当然のようにいハグをしてくれます。
孫娘はちょっとはにかんでいましたが、私たちを見て笑顔で娘とハグしました。

さて、今日も時間ができたので貸し工房の札幌芸術の森まで。
友人が本焼きの窯に入れてくれるというので釉掛けすることにしました。
赤土も白土も今回は全部、青萩をかけることにします。

駐車場に着くと周りの木々が色づき始めていることに気づきます。
これから益々、美しさを増していくことでしょう。札幌軟石をふんだんに使った建物にはツタが絡まりいい感じです。
上手に山ブドウも絡まってます。なんと、実も結んでます。

私のブログタイトル『お花がちって 実がうれて』ですね(笑)

数時間の作陶でしたが気持ちの良い時間が流れました。

f0371906_23282871.jpg
f0371906_23281309.jpg
f0371906_23275726.jpg
f0371906_23274191.jpg

お気づきでしょうか?文体を変えました。
常体から敬体です。ブログを始めた時、とんがった感じの文章をと意識したのですが、結構大変でした(笑)
文章で仮想的人格を表現出来るかななんて思い上がってました。
自然体でいきま〜す。ほっとしたところでおやすみなさい。




[PR]
by peace-in-god | 2016-09-27 00:02 | 工房から

眠れぬ夜

今年に入って本業の方が楽になった頃からか、とんでもない時間、真夜中の2時とか3時とかに目が醒める日が時々ある。
友人からも睡眠障害は辛いと聞いていた。

時差ボケみたいに昼夜逆転のような感覚に陥ると塾の仕事では本当に困る。滑らかに生徒にわかるような喩えで考え方を導いていく方法を取っているので思考回路があっちにぶつかりこっちにぶつかりでは生徒も困るし、私自身頭が痛くなる。

だから、極端な睡眠不足は恐怖なのだ!
若い頃は寝なくても頭が冴え渡るというか、緊張感でテンションが少し高くなっている状態。やたら元気いっぱいの授業だったと思う。そして生徒がみな帰るとしばらく放心状態(笑)
それができなくなったのは、体力とともに気力も衰えてきたのだろう。当然のことと受け止めている。

どちらにしても目が覚めたからと言って本を読んだり、スマホをいじったりすれば脳が完全に目覚め、うっすらと窓が明るくなり、ベッドから出なければならなくなるだろう。それこそ、頭痛しそう!!

目を開けない、目を開けない、目を開けない。
ただタイマー設定で終了する時間を決めてスマホでラジオを聞く。小さな音にして・・・すると意外とすぐ眠りに落ちていることが多いことに気づく。勿論、レム睡眠、ノンレム睡眠の間隔は短いけれどそれでも自分が思っているほど不眠ではないように思う。

夫の両親は90歳を超えても薬に頼らず、自然体で過ごしていた。眠れなければ聖書を読む、手紙を書く、ラジオを聞く・・・昨年の11月義父はお昼寝の間に意識を失い、二日後、天に召された。最後まで逆らうことなく歩んだ人だったなぁと思う。私も、と願うが願ったところで自分の力ではどうなることでもない。これもまた与えられたことを受け入れるだけのことなのだとしみじみ。

今日はそんなわけで寝不足状態でバイトに行った。塾の仕事がなかったので気が楽だった。そして店長が入れてくれた抹茶ラテ。
珍しくお客様の少ないランチタイムの時間が雨模様の心穏やかな時間になった。
f0371906_17350169.jpg
さてさて、今夜は寝られるかな?早めにベッドに入ることとします。おやすみなさい。


[PR]
by peace-in-god | 2016-09-23 17:21 | 窓辺から

味覚の秋 初めての落花生

転職が決まり、有給休暇の消化で時間ができた末娘が火曜日帰省した。大学を卒業してからGW、お盆、正月その他にアメリカに住む次女家族が帰国した折などマメに帰省してくれる末娘。

9月の帰省は珍しい。去年はウェンディの調子が悪くなり、少しでも顔が見たいと短い時間、帰ってきたけれど。
少しでも美味しいものを食べさせてあげたいのだが、カフェのバイトとまだ本業としている塾の仕事で落ち着いてキッチンに立っていられない。
そこで今朝は近くの農家の新鮮野菜の即売所、つまりファーマーズマーケットに一緒に行くことにした。
そろそろ終わりのトマトナスと並ぶ棚に今日は珍しいもの発見!

落花生だ!!!
北海道では落花生は栽培されないと聞いていたし、子供の頃から生の落花生など見たことも食べたこともない。
加工したピーナッツだけなのだ。
「珍しいですね〜。」というと農家のおばちゃん、自慢げな表情で
「美味しいヨ!」
茹で方も聞いて早速買って茹でてみる。北海道の枝豆もとても美味しいけれど落花生も甘くて美味しい。
秋っていいなぁ。

f0371906_22572208.jpg

そして娘に食べさせたくていろんなパンを焼いてあげる。というのも今年の母の日に四姉妹が還暦のお祝いも兼ねてオーブンレンジをプレゼントしてくれた。
それも私がコツコツ資金を貯め、いつか買いたいと望んでいたものだった。
それから私のパン作り、お菓子作りが燃えた(笑)

焼くたびにクープも大きく開くようになってきた。間もなく薪ストーブの季節もやってくる。ストーブの暖かさで発酵させたりして益々、パン作りが楽しくなりそう。

f0371906_22574977.jpg
さてと掛け持ちバイトを始めてからよく眠れるようになった。
今夜もよく眠ることができるでしょう。おやすみなさい。



[PR]
by peace-in-god | 2016-09-22 23:29 | キッチンから

お弁当をもって温泉に

月曜日の祝日と2人の休みが重なるのは年に数回。夫は朝3時、早朝の支笏湖の撮影に。私はゆっくりと寝させていただいたけど(笑)
f0371906_22311773.jpg
戻ってきた夫とこれからお気に入りの温泉までドライブ。お気に入りの温泉は小樽とニセコの間にある小さな村、赤井川村にある公営の温泉。お一人様、400円。これが源泉掛け流し、綺麗でのんびりして本当にいい。

我が家から車で10分のところには小金湯温泉、さらに10分走れば札幌の奥座敷といわれた定山渓温泉。他にも支笏湖丸駒温泉、洞爺湖温泉などなど列挙するときりがないほど温泉に囲まれていると言っても過言ではない。
その中でも私が一番のお気に入りはここ、赤井川温泉。

ところがこの赤井川温泉、祝日以外は月曜日、いつも定休日なのだ。なので月曜日がオフの夫は祝日でない限り、入ることができない。
睡眠不足のはずの夫に行こう!と誘ったのが朝8時(笑)

ボロニアソーセージをのせて焼いた自家製カンパーニュ、果物、おやつとコーヒーを持って片道1時間半のドライブに
私たちの場合、何か発見すると必ず冒険する共通の好奇心を持つもの同士なので大抵の場合、2〜3倍の時間がかかるけど(笑)
最近はおむすびではなくてランチボックスタイプになっている。夫がパン好きでよかった!
f0371906_22283609.jpg
f0371906_22281919.jpg
気持ちの良い温泉にも入り帰り道、前から気になっていた落合ダムの方へ行ってみることにした。小樽川の注ぐところには立ち枯れの木と透き通った水辺。キャンパーが1組とキャンピングカーの家族連れが一組いるだけで本当に静かだ。
f0371906_22285472.jpg
ふと見るとカヌーを楽しむ親子連れ。対岸には小さな滝も見られ、こんな良い景色のところがあったとは!全く宣伝もされず釣りも楽しめて、きっと夜は満天の星なんだろうなと想像する。娘たちが子供の頃は毎週のようにキャンプしていた。みんな、私が動かなくてもテントの設営から食事の用意までこなせるようになっていたっけ。あの頃が少し懐かしい。
明日は東京から末娘四女が帰省する。5日ほどだが楽しい時間が過ごせますように。
今夜も感謝しておやすみなさい。

[PR]
by peace-in-god | 2016-09-19 23:25 | おでかけから

プロの作品か、アマチュアの作品か。

陶芸を始めたのは16年前。
色々と疲れ果てていた時期でとにかく当時の私は何も考えずただ黙々と手作業をしたかった。知人を通して紹介された1人の作家に一から手ほどきを受けた。
基本的なことはある程度わかり、よくある教室での「手びねり」だけはできるようになった。
いつかはろくろを引けるようになりたいとろくろを専門に学び、紆余曲折しながら16年。でも本業がある私は時間的にも技術的にも趣味の域から出ることはできない。
北海道は本来、伝統工芸品というものはなく、あえて言うならアイヌのアツシ織りが伝統工芸品として認められているくらいだ。だから陶芸に関しても非常に伸びやかで決まりのない自由な作品作りができる土壌でもある。
そんなわけで数年、陶芸をかじった人程度でも○○窯といえば「もう私プロで〜す。」と言ってしまえる。正直、小学校のPTAサークルで作られる工作のような作品でも値段をつけて売ってしまう人も大勢いて見ているこちらの方が恥ずかしくなる。
厳しいことを言うようだけれどそういう風潮は良いようにも見えるけれど決して技術の向上には繋がらないと思う。フリーマーケットやクラフトフェアなどで楽しむ分にはいいけれど本当にお金をいただける作品(プロ)か、各々が吟味すべきだ。
最近も身近なところで余りにも稚拙な作品に値札をつけて馴染みの店に持って行き、置いて欲しいと頼んでいる人がいた。店としては馴染みの客なので断りづらく、預かったが、店の雰囲気にも合わず困っているとのことだった。
そういうことを数多く見ているので私は頼まれない限り、値段はつけない。友人も先生と呼ばれても良いほどの技術を持っているが、あくまでも趣味と言い切っている。ギャラリーの方から頼まれれば楽しみに展示する程度だ。

今日はこんな話を書こうと思ったわけじゃなかった(笑)
カフェでのバイトを始めて一番気がかりなのは陶芸のことだった。今までは土曜日、貸し工房へ行って1日作陶していた。日曜日の午前中は教会へ行きたい。ん〜〜。
1日こもるのではなく、3、4時間でもいいから工房へ行くようにすること、小さい作品は家でも作ること。今はこんなふうに考えて続けていこうと思う。
ということで午後2時近くに工房へ。知人が来ていて「作品がたまらないから窯入れが難しい。」と話すと一緒に入れてあげると言ってくれた。ありがたい、ありがたい。何しろ窯が大きくてプロ仕様なのだ。
早速、来月の酸化焼成に向けて釉薬掛けの準備に入った。と言っても手板3枚程。5時半で終了してあとは次回に回すこととした。日曜はみんな早く帰るんだね。残ったのは私、1人だった。土曜日だと夜11時までやっていく人もいるので私が最後なんて久しぶり。
これからも拙い作品だけれど差し上げて喜んでもらえたら幸せ…。
f0371906_22132900.jpg
ろくろは全部で10台。作業台8台の恵まれた環境。
f0371906_22140341.jpg
f0371906_22143020.jpg
まだ釉薬を決めていなかった。とりあえず、素焼きに撥水剤を塗って。
一つ一つ生活も楽しみも整えられていく。
今夜も感謝しておやすみなさい。







[PR]
by peace-in-god | 2016-09-18 23:20 | 工房から

読んでから観るか、観てから読むか

読んでから観るか、観てから読むか…このコピーはいつ頃のものだったろう?
実際に映画と本、どちらも楽しんだのは記憶している限り、
バック・トゥー・ザ・フューチャー
シックス・センス
ハリー・ポッター‥‥あとまだあったように思うんだけど思い出せない。

結論から言うと原作と映画は別物だね。
どちらも楽しめる。今回は新聞でこの作品を知って原作から読みたいと思った。

f0371906_23101666.jpg
それは2010年の作品『悪人』にすっかり魅せられ、監督があの『フラガール』の李相日だと知ったからだ。絶対に映画は面白いはず。ならば原作はどうなのか、タッグを組んだと表現されているけれど作り手はタッグを組んだという意識はあったのか。などなど関心は尽きない。
『悪人』の音楽は久石讓で映画をさらに何倍も面白くさせたと思う。今回は坂本龍一…楽しみ!

さてと図書カードもずいぶん溜まっているし、図書館で借りるまで待てないということで本屋に行ってきた。

f0371906_23103228.jpg
中を開いてちょっとびっくり。字が大きい。若い人は本を読まない?そんなことはないよね(笑)
最近は買ったのに読んでいない昔の本を読んでいたせいで知らなかった。

f0371906_23100164.jpg
f0371906_23094547.jpg
カバー裏におまけもあってこれも楽しみだけどこれは原作を読み終えてからにしよう。宣伝が情報過多になってはせっかくの読書も映画鑑賞も楽しさが半減してしまう気がする。

明日は週の初め。一週間の歩みを感謝して眠りに就くとしますか。おやすみなさい。






[PR]
by peace-in-god | 2016-09-17 23:54 | スクリーンから